FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母なるガンガー

ガンジス川について。

ガンガーに浮かぶ

古代4大文明の一つ、インダス文明の発祥の地で知られる川です。
ゴダイゴ(オイオイ古いぞ)の名曲、ガンダーラでも有名です。

ヒンドゥー教では川の女神を意味し、母なるガンガーと呼ばれてます。
この川は、何もかもを受け入れ、許し、包容してくれる寛大さがあります。

アシュラム滞在中も、日に何どもガンガー眺めて過ごしました。
川沿いで行われるお祭りや儀式を見たり、時には参加したり、、、。

やや西寄りのバナラシ、そして、北のハリドワールリシケシと場所は
違っても、母なるガンガーはいつだって「いいんだよ、いいんだよ」とすべてを
受け入れて包み込んでくれました。

アシュラムでは、そこで生活している家族がいました。
私はそこのお母さん(私はマータンギと呼んでいました)に親しくしてもらって
いて、朝夕はチャンティングをしたりお部屋でお茶をいただいたりしていました。
お祭りでは、終わらないんじゃないか?と思うくらい一緒に踊り、歌い続けました。(結構激しかったです!)

雨の日のことです。
「今日は、この雨じゃガンガーを見に行けない、、、。」と私は嘆いていました。
すると、マータンギが言いました。

ガンガーはいつも心の中にあるんだよ。

She can be always with you.

マータンギは、わたしにいろんなことを教えてくれました。

Love is Everything.

Love is Everywhere.

何でも愛。

愛はそこらじゅうにあるもの。

Be confident.

自信を持って!

God is in your heart.

神さまは心の中にいるから


いかなるときも、私の心には滔々と母なるガンガーが流れています。
心に宿る、神様のような存在です。

許すだけじゃないのです。
勇気をもちなさいと、、、。




いつもありがとうございます


こちらもよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

心の居場所

 
赤い粉

インドという国について、、、。

インドは、インド洋、アラビア海、ベンガル湾に囲まれた南アジアの半島です。
北はネパール、チベット自治区、東はバングラデシュ、西はパキスタンと隣接
しています。

「インドってこんな国」とは簡単に語れないほど、私たちが持つインドイメージはさまざまです。

 素焼き

過去、4回インドへ行きました。
それまで、私がインドに持っていたイメージは、遠藤周作著の『深い河』ディープリバーそのものでした。
華やかというよりは、混沌としたダークな世界。
命とは?人生とは?を考えさせられるような、重たい場所でした。

実際に、そういった部分も大いにあります。
しかし、だんだん視野が広がって行くうちに、インドのあまりの異文化さに、すっかり魅了されていました。

人と牛が共存していること、嘘をつかれるのが当たり前のこと、神さまをアイドルみたいに慕ってること、料理を手で食べること、チャイが甘くてとても美味しいこと、、、、、。
これがインドなんだなあ、、、、と自然に受け入れられるようになりました。

居場所を見つけた、というような感覚です。
ここ、というピンポイントの場所とは違います。
いつでも、そこに行ける、、、というような、心の居場所とでも言いましょうか。

 ガンガー干し物

2回目のインドは、呼ばれて行きました。
”行きたい″とは違う、”来なさい″と言われてるような、強い引力を感じました。
私は感じるままに、そしてすがるような思いでインドへ向かいました。

やさしく、インドは私を迎え入れてくれました。

そのときの安堵感、ありがとうの気持ちの”証″を残そうと思いました。
それが、お肉をやめたきっかけです。

 ハリジャン


いつもありがとうございます


こちらもよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
プロフィール

マチャック

Author:マチャック
東京都杉並区在住。
ヨガインストラクター、
会社員、ママ。
週1度、自宅のスタジオで
ヨガクラスを行っています。
ヨガ歴約8年。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
マイカウンター
info
info
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。